UTILITY LABO (暗号・パスワード関連ツール)


目次 暗号 ハッシュ スクランブル化 偽装・隠蔽 その他 / 画像関連 ゲーム
Twitter Twitter WSE (@mod_labo) UTILITY LABO 公式SNS

OpenSSLコマンドを使う方法 (RSA編) Windowsのコマンドプロンプトで実行する

> 暗号・パスワード関連ツール (セキュリティ関連のウェブアプリ) > RSA暗号 (公開鍵暗号) >
必要なもの

OpenSSL
  1. OpenSSLをインストールする (Windowsの場合)

  2. コマンドプロンプトを起動する
  3. 画面左下にある検索窓に「cmd」と入力する
    検索結果に表示される「コマンドプロンプト」をクリックする

    コマンドプロンプトが表示される


  4. OpenSSLのコマンドを入力して実行(Enterキー)する
  5. RSA暗号のコマンド OpenSSL Ver.3.0

    秘密鍵を生成する場合
    openssl genrsa > sec.key (※デフォルト設定:鍵長1024bit)
    openssl genrsa 2048 > sec.key (※鍵長2048bitを指定する)

    公開鍵を生成する場合 (秘密鍵必須)
    openssl rsa -pubout < sec.key > pub.key

    暗号化する場合 (公開鍵必須)
    echo "MESSAGE" | openssl rsautl -encrypt -pubin -inkey pub.key > enc.dat (※Ver.3.0以降は非推奨)
    echo "MESSAGE" | openssl pkeyutl -encrypt -pubin -inkey pub.key > enc.dat (※MESSAGEの部分に暗号化する文字列を入力する)

    復号化する場合 (秘密鍵必須)
    cat enc.dat | openssl rsautl -decrypt -inkey sec.key (※Ver.3.0以降は非推奨)
    type enc.dat | openssl rsautl -decrypt -inkey sec.key (※Ver.3.0以降は非推奨)
    cat enc.dat | openssl pkeyutl -decrypt -inkey sec.key (※Linux環境)
    type enc.dat | openssl pkeyutl -decrypt -inkey sec.key (※Windows環境)

  6. 新しいファイル(sec.key,pub.key,enc.dat)が生成される 又は 復号化されたメッセージが表示されたら成功
  7. ファイルが保存される場所 Windows環境

    C:/Users/{ユーザー名}/〇〇〇
外部リンク External links

OpenSSL - Wikipedia
RSA暗号 - Wikipedia
公開鍵暗号 - Wikipedia
関連リンク Links

RSA暗号ツール
OpenSSLをインストールする方法・Windowsの場合
上部に移動する
by UTILITY LABO
<< 目次 (暗号・パスワード関連ツール)



その他のサイト / セーブエディター.com (ゲーム関連) / 画像関連ツール (UTILITY LABO)
WSE 2022 (C) UTILITY LABO © WEB-G-P.com お問い合わせ (メールフォーム) / ツイッター