UTILITY LABO (暗号・パスワード関連ツール)


目次 暗号 ハッシュ スクランブル化 偽装・隠蔽 その他 / 画像関連 ゲーム
Twitter Twitter WSE (@mod_labo) UTILITY LABO 公式SNS

RSA暗号ツール 公開鍵生成、暗号化、復号化

> 暗号・パスワード関連ツール (セキュリティ関連のウェブアプリ) > RSA暗号 (公開鍵暗号) >
1.
SELECT
▼ 
2.
BIT
▼ 
3.
PASSPHRASE (秘密のパスフレーズを入力)
▼ 
4.
INPUT TYPE ▼ 
5.
▼ 
▼ OUTPUT FORM Result is displayed here

説明

RSA用の公開鍵を作成、暗号化・復号化 (変換)をするウェブアプリです。
RSA Rivest Shamir Adleman

RSAは桁数が大きい合成数(素数の積)の素因数分解問題の困難性に基づいた公開鍵暗号です。
公開鍵暗号は暗号化する鍵(公開鍵)と復号化する鍵(秘密鍵)が異なる方式の暗号です。鍵を安全に受け渡しすることができます。
ファイルを安全に送受信する方法 鍵を受け渡して暗号化・復号化する

AからBにファイルを送る場合
1. Bが任意のパスフレーズで公開鍵を生成する
2. Bが生成した公開鍵をAに渡す
3. Aが受け取った公開鍵でファイルを暗号化する
4. Aが暗号化したファイルをBに渡す
5. Bが受け取った(暗号化された)ファイルを任意のパスフレーズで復号化する

BからAにファイルを送る場合
1. Aが任意のパスフレーズで公開鍵を生成する
2. Aが生成した公開鍵をBに渡す
3. Bが受け取った公開鍵でファイルを暗号化する
4. Bが暗号化したファイルをAに渡す
5. Aが受け取った(暗号化された)ファイルを任意のパスフレーズで復号化する

※ 任意のパスフレーズと BITのサイズは、公開鍵を生成する時と ファイルを復号化する時で 同じ設定にして下さい。
※ INPUT TYPE (FILEかTEXT) は、AとBで同じ選択をする必要があります。
手順 公開鍵の生成 ⇒ ファイルの暗号化 ⇒ ファイルの復号化

公開鍵の生成
1. 鍵生成を選択する
2. BITのサイズを選択する
3. 任意のパスフレーズを入力する (復号化する時にも使う)
4. 実行ボタンを押す
5. 公開鍵をコピーする (この公開鍵を渡す)

ファイルの暗号化
1. 暗号化を選択する
2. 受け取った公開鍵を入力する
3. INPUT TYPEの「FILE」を選択する
4. 暗号化するファイルを入力する
5. 実行ボタンを押す
6. 暗号化したファイルをダウンロードする (このファイルを渡す)

ファイルの復号化
1. 復号化を選択する
2. BITのサイズを選択する
3. 任意のパスフレーズを入力する (公開鍵を生成した時と同じ)
4. INPUT TYPEの「FILE」を選択する
5. 受け取った(暗号化された)ファイルを入力する
6. 実行ボタンを押す
7. 復号化したファイルをダウンロードする

※ 公開鍵の生成とファイルの復号化は同じ人が実行します。ファイルの暗号化は別の人が実行します。
アドバイス

公開鍵暗号は共通鍵暗号に比べて処理(暗号化・復号化)に時間がかかります。大きいサイズのBITを選択するほど時間がかかります。
大きなファイルを送受信する場合は、共通鍵暗号(AES)で使う暗号鍵だけを 公開鍵暗号(RSA)で暗号化して受け渡しして、その暗号鍵を使い共通鍵暗号(AES)で暗号化したファイルを送受信するのをお勧めします。
動作環境

推奨環境 [ 表示 ]
推奨環境 [ 非表示 ]
CPU … 3.0GHz以上 (4コア以上)
RAM … 8GB以上
上記の環境より低いスペックでも動作しますが、低いスペックの場合は 大きいファイルサイズは非推奨です。

対応OS [ 表示 ]
対応OS [ 非表示 ]
Windows
macOS (Macintosh)
Chrome OS
Linux
Android OS
iOS (iPhone,iPad,iPod touch)
スマートフォンで使うの場合は、ファイルマネージャーのアプリをインストールして下さい。

対応ブラウザー [ 表示 ]
対応ブラウザー [ 非表示 ]
Chrome
Edge (Chromium base)
Firefox
Safari
スマートフォンで使うブラウザーは、Androidの場合はChromeを、iPhoneの場合はSafariを推奨しています。

対応ファイルサイズ [ 表示 ]
対応ファイルサイズ [ 非表示 ]
100KB未満 … 快適に動作する
100KB以上~1MB未満 … 時間がかかる
1MB以上~10MB未満 … 非常に時間がかかる
10MB以上~100MB未満 … エラーまたはタイムアウトになる可能性がある
100MB以上 … 非推奨 (ハイスペックな環境であれば動作するかもしれない)
上記は目安です。動作するファイルサイズの上限は不明です。動作環境のスペックやブラウザーのバージョンや設定によって変わります。大きいサイズのBITを選択するほど処理に時間がかかります。

最新バージョンのOS・ブラウザーを推奨しています。旧バージョン(年以前)だと正常に動作しない可能性があります。
補足

オフライン環境のブラウザーで JavaScriptが動作するので、ファイルがサーバーにアップロードされて オンライン環境に情報漏洩する事はありません。
注意事項

Chromeを使って「エラーコード: Out of Memory」と表示されたら、処理しているファイルサイズが大き過ぎてメモリ不足になっています。 問題を解消するにはメモリの増設が必要になります。 ブラウザーのタブを複数開いていたり他のソフトウェアを起動していたりするのがメモリ不足の原因になっている可能性もあります。
あとがき

正常に暗号化・復号化できない等の不具合がある場合は、メールフォームから連絡して下さい。
外部リンク

RSA暗号 - Wikipedia
公開鍵暗号 - Wikipedia
素数 - Wikipedia
素因数分解 - Wikipedia
関連リンク

OpenSSLコマンドを使う方法・Windowsの場合 (RSA編)
AES暗号化&復号化ツール (設定フォーム)
上部に移動する
by UTILITY LABO
<< 目次 (暗号・パスワード関連ツール)



その他のサイト / セーブエディター.com (ゲーム関連) / 画像関連ツール (UTILITY LABO)
WSE 2022 (C) UTILITY LABO © WEB-G-P.com お問い合わせ (メールフォーム) / ツイッター