UTILITY LABO (暗号・パスワード関連ツール)


目次 暗号 ハッシュ スクランブル化 偽装・隠蔽 その他 / 画像関連 ゲーム
Twitter Twitter WSE (@mod_labo) UTILITY LABO 公式SNS

パスワードPBKDF2暗号鍵化ツール

> 暗号・パスワード関連ツール (セキュリティ関連のウェブアプリ) > 暗号鍵・パスワード関連 >
1.
STRINGS 文字列を入力
▼  HASH
FUNCTION

▼ 
2.
SELECT
BYTES

▼ 
3.
ITERATIONS 反復回数
▼ 
4.
SALT (RANDOM SEED)

▼ 
5.
>> 文字列暗号鍵化ツール (任意の文字列をハッシュ関数で暗号鍵にする場合)
▼ OUTPUT FORM An encryption key is displayed here

説明

任意の文字列(パスワード)を暗号鍵となる16進数に変換するツールです。
日本語の入力に対応しています。絵文字には未対応です。
注意事項

変換元の文字列(パスワード)の長さは、日本語なら10文字以上、半角英数字なら20文字以上を推奨しています。短いほど安全強度が低くなります。 日本語で入力する場合は、漢字を混ぜた方が安全強度は高くなります。
PBKDF2 Password-Based Key Derivation Function 2

PBKDF2は、鍵導出関数(パスワードハッシュ関数)の一つです。ランダムに生成されるSALTが必要だったり、ハッシュ計算を反復して、攻撃からの耐性が強い暗号鍵になるのが特徴です。
SALT RANDOM SEED

SALTは、辞書攻撃からの耐性を強くするために ランダムに生成される数値です。ユニークな鍵を生成するための鍵としての役割があります。
反復回数 Iterations

反復回数は、総当たり攻撃からの耐性を強くするために ハッシュ計算を繰り返して 処理に時間をかけることを目的にしています。キーストレッチと言われる処理です。推奨される最低回数は1000回です。
補足

このツールだと反復回数は 10000回以上にすると非常に処理時間がかかったりエラーまたはタイムアウトになる可能性があります。 快適に動作する上限回数は PC・スマホのスペックやOS・ブラウザーのバージョンによって個人差があります。
このツールでは、ランダムに生成されたSALTを書き換えれば 自分で設定することができます。
外部リンク

PBKDF2 - Wikipedia
鍵導出関数 - Wikipedia
ソルト (暗号) - Wikipedia
鍵 (暗号) - Wikipedia
関連リンク

パスワードHMAC暗号鍵化ツール
文字列暗号鍵化ツール
暗号鍵自動生成ツール
パスワード自動生成ツール
ハッシュ計算ツール (チェックサム確認ツール)
上部に移動する
by UTILITY LABO
<< 目次 (暗号・パスワード関連ツール)



その他のサイト / セーブエディター.com (ゲーム関連) / 画像関連ツール (UTILITY LABO)
WSE 2022 (C) UTILITY LABO © WEB-G-P.com お問い合わせ (メールフォーム) / ツイッター