UTILITY LABO (暗号・パスワード関連ツール)


目次 暗号 ハッシュ スクランブル化 偽装・隠蔽 その他 / 画像関連 ゲーム
Twitter Twitter WSE (@mod_labo) UTILITY LABO 公式SNS

OpenSSL用AES暗号(鍵・IV認証)コマンド作成ツール Windows用バッチファイル作成

> 暗号・パスワード関連ツール (セキュリティ関連のウェブアプリ) > AES暗号シリーズ > OpenSSL互換 >
1.
COMMAND >> パスワード認証用のコマンド
▼ 
2.
SELECT
▼ 
3.
MODE
▼  KEY BIT
▼  OTHERS (その他) [ 表示 ]
OTHERS (その他) [ 非表示 ]
▼ 
4.
INPUT FILE NAME (半角英数字)
▼  OUTPUT FILE NAME (半角英数字)
▼  KEY (16進数)
IV (16進数)

▼ 
5.
▼ RESULT FORM Command is displayed here

説明

OpenSSL用のAES暗号(暗号鍵・IV認証)コマンドを作成するウェブアプリです。
Windows用バッチファイルも同時に作成(ダウンロード)できます。

>> パスワード認証用のコマンド
OpenSSLとは? About OpenSSL

OpenSSLとは通信関連や暗号関連のソフトウェアです。
OpenSSLをインストールする方法 Windowsのシステム環境変数にOpenSSLのPathを追加する方法

>> OpenSSLをインストールする方法
OpenSSLのコマンドを実行する方法 Windowsのコマンドプロンプトで実行する方法

>> OpenSSLのコマンドを実行する方法
バッチファイル(bat)を実行する方法 Windows10でバッチファイル(bat)が実行できない場合

暗号化・復号化するファイルがあるフォルダーの中でバッチファイルをダブルクリックして下さい。
(バッチファイルの拡張子は bat に変更してから使って下さい)

Windows10など環境によっては初期設定のままだとバッチファイル(bat)が実行できない場合がありますので、Windowsの設定を各自変更して下さい。
AES Advanced Encryption Standard

AESは、アメリカで標準化して世界的に利用されている暗号アルゴリズムです。
MODE 暗号モード

暗号モードは、ECB、CBC、CFB、OFB、CTRに対応しています。
KEY BIT 鍵長

鍵長は、128bit (16Bytes) ,192bit (24Bytes), 256bit (32Bytes) に対応しています。
KEY 暗号鍵

暗号化・復号化する時に必要となる鍵となる情報です。
IV 初期化ベクトル

暗号化・復号化する時に、最初のブロックにだけ処理するデータで 第二の鍵のような存在です。
BASE64 ベース64

バイナリデータを文字列に変換することができます。
あとがき

Windows環境でコマンドを使う方法の説明をしていますが、OpenSSLはWindows以外の環境でも使えます。
外部リンク

OpenSSL - Wikipedia
AES (Advanced Encryption Standard) - Wikipedia
コマンドプロンプト - Wikipedia
バッチファイル - Wikipedia
関連リンク

OpenSSL互換AES暗号ツール
AES暗号化&復号化ツール (設定フォーム)
ハッシュ計算ツール (チェックサム確認ツール)
文字列暗号鍵化ツール
暗号鍵自動生成ツール
上部に移動する
by UTILITY LABO
<< 目次 (暗号・パスワード関連ツール)



その他のサイト / セーブエディター.com (ゲーム関連) / 画像関連ツール (UTILITY LABO)
WSE 2022 (C) UTILITY LABO © WEB-G-P.com お問い合わせ (メールフォーム) / ツイッター