UTILITY LABO (暗号・パスワード関連ツール)


目次 暗号 ハッシュ スクランブル化 偽装・隠蔽 その他 / 画像関連 ゲーム
Twitter Twitter WSE (@mod_labo) UTILITY LABO 公式SNS

ハッシュ計算ツール チェックサム確認サイト

> 暗号・パスワード関連ツール (セキュリティ関連のウェブアプリ) > ハッシュ関連 >
1.
FILE

▼ 
2.
ADDRESS [ 表示 ]
ADDRESS [ 非表示 ]
開始アドレス
終了アドレス
(計算範囲は16進数で入力)
▼ 
3.
HASH FUNCTION (CALCULATION)







▼ 
4.
ENDIANNESS
▼  DIFF [ 表示 ]
DIFF [ 非表示 ]
▼ 
5.
▼ RESULT FORM An calculation result is displayed here

ハッシュ Hash

計算方法が同じであれば 同じデータからは必ず同じハッシュが生成されるという性質があります。なのでハッシュが同じであれば 同じデータである(可能性が高い、信頼性がある)ということになるので、配信元のファイルと同じファイルなのか(改竄されていないファイルなのか)を簡易的に判別する時などに使われます。
チェックサム Checksum

チェックサムとは、ファイルが破損しているかを検知する機能です。
加算・減算・XOR Addition, Subtraction, Exclusive or

簡易的な計算方法です。
CRC16・CRC32・CRC64 Cyclic Redundancy Check

CRC(巡回冗長検査)は古くから存在する方法で 今でも様々な用途で使われています。
SHA-1・SHA-2・SHA-3 Secure Hash Algorithm

NSA(アメリカ国家安全保障局)によって開発された安全性の高いハッシュ関数です。
ビッグエンディアン、リトルエンディアン Big Endian, Little Endian

ビッグエンディアンは通常の16進数の並び方で、リトルエンディアンはビッグエンディアンのバイト値が逆に並んでいます。
計算範囲、アドレス、EOF

開始アドレスと終了アドレスで計算範囲を指定できます。 アドレスは16進数で入力できます。 EOFは End Of Fileの略称で、データの終端を意味します。
対応ブラウザー [ 表示 ]
対応ブラウザー [ 非表示 ]

Chrome
Edge
IE11
Firefox
Safari
補足 [ 表示 ]
補足 [ 非表示 ]

ファイルサイズが大きいと処理時間が長くなる場合があります。 ブラウザーのタブを複数開いたり他のソフトウェアを起動していたりすると処理が重くなる可能性があります。 もしビジー状態になったりメモリ不足になったりしたらページまたはブラウザーを閉じて下さい。
あとがき [ 表示 ]
あとがき [ 非表示 ]

ハッシュで配信ファイルの信頼性を確認したり チェックサムを解析するなど様々な用途で使えると思います。

宝くじ1等3億円の当選確率が約1000万分の1です。24bit(=3bytes)の長さで扱える数値が 2の24乗=16,777,216パターンなので、24bit長の数値が偶然一致する確率は 宝くじ1等に当たるようなものです。 なので 32bit、128bit、160bit、256bit、512bit、などの長さで扱える数値が偶然一致する確率は非常に低いです。 但し安全性の低いハッシュ関数だと、データを改竄しても意図的に元のハッシュと同じにすることができてしまう脆弱性があるので、SHA-1,SHA-2のような安全性の高いハッシュ関数(暗号学的ハッシュ関数)が求められる場合があります。 (年時点)
外部リンク

暗号学的ハッシュ関数 - Wikipedia
ハッシュ関数 - Wikipedia
チェックサム - Wikipedia
その他のWikipedia (CRC, MD5, RIPEMD, SHA-1, SHA-2 SHA-3)
関連リンク

AES暗号化&復号化ツール (設定フォーム)
文字列暗号鍵化ツール (暗号鍵自動生成ツール)
上部に移動する
by UTILITY LABO
<< 目次 (暗号・パスワード関連ツール)



その他のサイト / セーブエディター.com (ゲーム関連) / 画像関連ツール (UTILITY LABO)
WSE 2022 (C) UTILITY LABO © WEB-G-P.com お問い合わせ (メールフォーム) / ツイッター