UTILITY LABO (暗号・パスワード関連ツール)


目次 暗号 ハッシュ スクランブル化 偽装・隠蔽 その他 / 画像関連 ゲーム
Twitter Twitter WSE (@mod_labo) UTILITY LABO 公式SNS

文字列暗号鍵化ツール

> 暗号・パスワード関連ツール (セキュリティ関連のウェブアプリ) > 暗号鍵・パスワード関連 >
1.
STRINGS 文字列を入力
▼ 
2.
SELECT
KEY WIDTH

▼ 
3.
>> 暗号鍵自動生成ツール (ランダムな文字列を暗号鍵にする場合)
▼ OUTPUT FORM An encryption key is displayed here

説明

半角英数字だけでなく日本語や記号なども16進数化して暗号鍵として利用できます。
MD5、RIPEMD160、SHA-1、SHA-2 (SHA-256、SHA-512)はハッシュ関数で計算した16進数に変換されます。
UTF-8の場合は、半角英数字の1文字は1バイトで、日本語の1文字は3バイトの長さの16進数に変換されます。
Shift_JISの場合は、半角英数字の1文字は1バイトで、日本語の1文字は2バイトの長さの16進数に変換されます。
入力した文字列をUTF-8・Shift_JISの16進数に変換した実際の長さよりも 選択した鍵長の方が短かったら、余った16進数の部分を切り捨てます。逆に選択した鍵長の方が長かったら、16進数の後を00で足りない分だけ埋めます。
絵文字には未対応です。
注意事項

変換元の文字列の長さは、日本語なら10文字以上、半角英数字なら20文字以上を推奨しています。短いほど安全強度が低くなります。 日本語で入力する場合は、漢字を混ぜた方が安全強度は高くなります。
補足

より安全に使いたいのであれば 長い暗号鍵(256bit)にした方が耐性は強くなり解読されにくくなります。但し処理を軽くしたいのであれば 短い暗号鍵(128bit)にするのも選択肢に入ります。
あとがき

1bitは 0と1の2パターンの情報で構成されています。 1byteは 8bit (2の8乗=256パターン)の情報で構成されています。 なので 8bytesは64bit、16bytesは128bit、32bytesは256bitの長さになります。
例)
32bit (4bytes) : 00010203 (8桁)
64bit (8bytes) : 0001020304050607 (16桁)
128bit (16bytes) : 000102030405060708090A0B0C0D0E0F (32桁)
32bitの長さだと 2の32乗=4,294,967,295(4ギガ)パターンの数値を扱えます。 64bitの長さだと 2の64乗=18,446,744,073,709,551,616(16エクサ)パターンの数値を扱えます。 128bitの長さだと 2の128乗=340,282,366,920,938,463,463,374,607,431,768,211,456パターンの数値を扱えます。 256bitの長さは 天文学的な数値になります。256bitの長さだと 現在のスーパーコンピューターで総当たりで計算したら解読するのにとても時間がかかるので、解読するのが現実的ではないレベルの安全性になります。 (年時点)
外部リンク

鍵 (暗号) - Wikipedia
関連リンク

暗号鍵自動生成ツール
パスワードHMAC暗号鍵化ツール
パスワードPBKDF2暗号鍵化ツール
パスワード自動生成ツール
ハッシュ計算ツール (チェックサム確認ツール)
上部に移動する
by UTILITY LABO
<< 目次 (暗号・パスワード関連ツール)



その他のサイト / セーブエディター.com (ゲーム関連) / 画像関連ツール (UTILITY LABO)
WSE 2022 (C) UTILITY LABO © WEB-G-P.com お問い合わせ (メールフォーム) / ツイッター