SAVE-EDITOR.com

WEBセーブエディター


HOME 掲示板 汎用 解析 RPG PS3/4 PS1/2 PSP/V 任天堂 PC +α
[ INFORMATION ] SAVE-EDITOR.com English version
SIMPLE HEX EDITOR

簡易バイナリエディター for PS1 / PS2 / SFC / GBA / DS / etc.

セーブデータなどのファイルの「検索」と「書換」に特化した バイナリデータ編集ツールです。
1.
FILE
ファイル

▼ 
2.
設定 チェックサム修正
設定 [ 非表示 ]
 チェックサム修正










 ※ チェックサムの修正に対応する形式はVMP・PSV・MCR・MCSです。
PS2のセーブデータの場合は、PS2チェックサム修正ツールを使って下さい。
機能

検索モード:数値を検索して一致した数値がある箇所を編集します。
書換モード:アドレスを入力して表示された箇所の数値を編集します。
チェックサム修正:設定を開いて セレクトボックスからゲームタイトルを選択するとチェックサムを修正します。
VMP・PSVハッシュ修正:初期状態の設定で自動修正に対応しています。
目次
検索モードの使い方

PS1のセーブデータを改造する方法で説明 (内容を開ける)
PS1のセーブデータを改造する方法で説明 (内容を閉じる)
1. 設定を開き、PS1のチェックサムを修正するを選択して、PS1のゲームタイトルを選択する
 (ゲームによってはチェックサムがない場合もありますので、なければ修正する必要はありません)
 (修正未対応のゲームにチェックサムがある場合は、簡易改造 (チェックサム回避) して下さい)
2. セーブデータを読み込む (読込ボタンを押す)
3. 検索モードを選択する
4. 検索する数値を入力して、検索ボタンを押す
 (例えば所持金の数値などを10進数で入力する)
5. 一致箇所の数値を書き換える
 (一致箇所が複数あった場合は総当たりで書き換えてゲームに反映されるか確認して下さい)
 (検索する数値は大きいほど一致箇所が少なくなり特定しやすくなる傾向にあります)
 (PS1の場合は基本的にリトルエンディアンの16進数で書き換えます)
6. 編集ボタンを押す
 (続けて手順4の入力フォームに戻り 別の数値を検索して書き換えることも出来ます)
7. ダウンロードボタンを押して、編集したファイルを保存する

PS2のセーブデータを改造する方法で説明 (内容を開ける)
PS2のセーブデータを改造する方法で説明 (内容を閉じる)
1. PS2セーブデータ変換ツールでセーブデータをPSV形式からPSU形式に変換する
2. セーブデータを読み込む (読込ボタンを押す)
3. 検索モードを選択する
4. 検索する数値を入力して、検索ボタンを押す
 (例えば所持金の数値などを10進数で入力する)
5. 一致箇所の数値を書き換える
 (一致箇所が複数あった場合は総当たりで書き換えてゲームに反映されるか確認して下さい)
 (検索する数値は大きいほど一致箇所が少なくなり特定しやすくなる傾向にあります)
 (PS2の場合は基本的にリトルエンディアンの16進数で書き換えます)
6. 編集ボタンを押す
 (続けて手順4の入力フォームに戻り 別の数値を検索して書き換えることも出来ます)
7. ダウンロードボタンを押して、編集したファイルを保存する
8. PS2チェックサム修正ツールでセーブデータを修正する
 (ゲームによってはチェックサムがない場合もありますので、なければ修正する必要はありません)
 (修正未対応のゲームにチェックサムがある場合は、簡易改造 (チェックサム回避) して下さい)
9. PS2セーブデータ変換ツールでセーブデータをPSU形式からPSV形式に変換する

PSPのセーブデータを改造する方法で説明 (内容を開ける)
PSPのセーブデータを改造する方法で説明 (内容を閉じる)
1. PSPセーブデータ復号ツールでセーブデータを復号化する
2. セーブデータを読み込む (読込ボタンを押す)
3. 検索モードを選択する
4. 検索する数値を入力して、検索ボタンを押す
 (例えば所持金の数値などを10進数で入力する)
5. 一致箇所の数値を書き換える
 (一致箇所が複数あった場合は総当たりで書き換えてゲームに反映されるか確認して下さい)
 (検索する数値は大きいほど一致箇所が少なくなり特定しやすくなる傾向にあります)
 (PSPの場合は基本的にリトルエンディアンの16進数で書き換えます)
6. 編集ボタンを押す
 (続けて手順4の入力フォームに戻り 別の数値を検索して書き換えることも出来ます)
7. ダウンロードボタンを押して、編集したファイルを保存する
8. PSPセーブデータ復号ツールでセーブデータを暗号化する
 (暗号化時にチェックサムは自動で修正されますが、ゲームによってはチェックサムの修正に対応していない場合もあります)
 (修正未対応のゲームにチェックサムがある場合は、簡易改造 (チェックサム回避) して下さい)

総当たりで書き換える場合のアドバイス (内容を開ける)
▼ 総当たりで書き換える場合のアドバイス (内容を閉じる)
検索した数値と 一致した数値があるアドレスが 仮に5箇所あったとした場合は、それぞれの箇所の数値をずらして書き換えると、一度の確認で アドレスを特定できることもあります。
例えば 検出したアドレスが100、200、300、400、500の5箇所の場合は、 100のアドレスにある数値はFF、 200のアドレスにある数値はFE、 300のアドレスにある数値はFD、 400のアドレスにある数値はFC、 500のアドレスにある数値はFB、 と書き換えてみて下さい。 もしゲーム内に反映された数値が253(10進数)になったら、300が目的のアドレスと特定することができます。
重要な箇所を書き換えてしまった場合は、読み込めない可能性もありますので、読み込めなかったら少しずつ書き換えて下さい。
書換モードの使い方

PS1のセーブデータを改造する方法で説明 (内容を開ける)
PS1のセーブデータを改造する方法で説明 (内容を閉じる)
1. 設定を開き、PS1のチェックサムを修正するを選択して、PS1のゲームタイトルを選択する
 (ゲームによってはチェックサムがない場合もありますので、なければ修正する必要はありません)
 (修正未対応のゲームにチェックサムがある場合は、簡易改造 (チェックサム回避) して下さい)
2. セーブデータを読み込む (読込ボタンを押す)
3. 書換モードを選択する
4. アドレスを入力して、表示ボタンを押す
 (アドレスは解析情報などを参照するか、検索で特定したアドレスを入力して下さい)
 (PS1のセーブデータの解析情報は、基本的にMCR形式用のアドレスになります)
 (VMP・PSV・MCR形式の場合は、加算・減算を選択すればMCR形式用のアドレスを使えます)
5. 表示された数値を書き換える
 (PS1の場合は基本的にリトルエンディアンの16進数で書き換えます)
6. 編集ボタンを押す
 (続けて手順4の入力フォームに戻り 別のアドレスの数値を書き換えることも出来ます)
7. ダウンロードボタンを押して、編集したファイルを保存する

PS2のセーブデータを改造する方法で説明 (内容を開ける)
PS2のセーブデータを改造する方法で説明 (内容を閉じる)
1. PS2セーブデータ変換ツールでセーブデータをPSV形式からPSU形式に変換する
2. セーブデータを読み込む (読込ボタンを押す)
3. 書換モードを選択する
4. アドレスを入力して、表示ボタンを押す
 (アドレスは解析情報などを参照するか、検索で特定したアドレスを入力して下さい)
 (PS2のセーブデータの解析情報は、基本的にPSU形式用のアドレスになります)
5. 表示された数値を書き換える
 (PS2の場合は基本的にリトルエンディアンの16進数で書き換えます)
6. 編集ボタンを押す
 (続けて手順4の入力フォームに戻り 別のアドレスの数値を書き換えることも出来ます)
7. ダウンロードボタンを押して、編集したファイルを保存する
8. PS2チェックサム修正ツールでセーブデータを修正する
 (ゲームによってはチェックサムがない場合もありますので、なければ修正する必要はありません)
 (修正未対応のゲームにチェックサムがある場合は、簡易改造 (チェックサム回避) して下さい)
9. PS2セーブデータ変換ツールでセーブデータをPSU形式からPSV形式に変換する
簡易改造 (チェックサム回避方法)

内容を開ける
内容を閉じる
簡易改造とは、データを書き換えても破損しないように チェックサムの機能を回避して改造する方法です。
リトルエンディアンの16進数を 数値入替・加算減算する方法で説明します。

1バイト入替
例)「01 00 00 00」→「00 01 00 00」 (1→256)
例)「01 00 00 00」→「00 00 00 01(1→16777216)

2バイト入替
例)「01 00 00 00」→「00 00 01 00(1→65536)
例)「00 00 00 00 00 00 FF FF」→「FF FF 00 00 00 00 00 00(0→65535)

4バイト入替
例)「01 00 00 00 00 00 00 01」→「00 00 00 01 01 00 00 00(1→16777216)

加算減算
例)「00 02 00 00」→「00 01 01 00」 (512→65792)
例)「64 00 00 00」→「63 00 01 00」 (100→65635)
※ 赤の数値を-1、青の数値を+1 (±1ではなく±2以上でも可)

数値入替や加算減算でチェックサム回避できるのは、チェックサムの計算方法が加算・減算の時だけです。

1バイトよりも 2バイトや4バイトを入れ替えた方が チェックサムを回避できる可能性は高いですが、 目的の数値以外の部分を書き換えなければならない場合もあり、チェックサムは回避できても 下手をするとセーブデータに不具合が起きてしまう可能性があります。 まずは1バイト入替で試して それで破損するようでしたら 2バイトや4バイトで試してみて下さい。
補足

検索する数値の幅 4bytesで検索しても 一致数値がない場合は、数値の幅を 1~3bytesに変更してから また検索してみて下さい。

PS1のVMP・MCR形式(メモリーカード形式)の 0x2000未満のアドレスは管理ブロックですので、 検索して一致した数値が 0x2000未満のアドレスにある場合は書き換えないで下さい。 解析情報のアドレスは基本的に メモリーカードの第1ブロック(0x2000以降の部分)が基準となっています。

PS1やPS2以外のセーブデータの改造もできますが、PS3,PS4,PSP,PS VITA,Wii,Wii Uなどの暗号化されたセーブデータは復号化しなければ改造できません。 3DSより前のゲームカートリッジ内に保存されるセーブデータは基本的には暗号化されていませんので改造できますが、チェックサムがある可能性が高いので、簡易改造するか改造後にチェックサム修正ツールを使う必要があります。

セーブデータ以外のファイル(ROMなど)を書き換えることも出来ます。 ファイルの容量に制限はありませんが、数百MBや数GBなど大容量のファイルを読み込むと処理に時間がかかる可能性があります。
おまけ クイックセーブについて

クイックセーブのデータも通常のセーブデータと同じ様に改造することができます。 クイックセーブのファイル容量は通常のセーブデータと比べると大きいので、数値を検索するのが難しくなる傾向にあります。 エミュレーターによってはクイックセーブのファイルが圧縮されていたりする場合などもありますので、そのままのデータだと改造することはできません。

クイックセーブのデータはエミュレーターによってファイル形式(仕様)が異なります。 解析情報は基本的に 通常のセーブデータのアドレスが基準となっています。
PS1関連ツール・PS1セーブデータ改造情報 (PS1セーブデータ解析情報掲示板)
PS2関連ツール・PS1セーブデータ改造情報 (PS2セーブデータ解析情報掲示板)
上部に移動する
WEB SAVE EDITOR by SAVE-EDITOR.com
<< トップページ セーブエディター.com



その他 / エミュレータ情報局 / ハックロム情報局 / IPSパッチ適用システム / Flashマルチエミュレーター
WSE 2020 (C) SAVE-EDITOR.com © WebGamePlatform お問い合わせ (メールフォーム) / ツイッター