SAVE-EDITOR.com

WEBセーブエディター


HOME 掲示板 汎用ツール 解析 RPGツクール PS3 PSP PC その他

セーブデータパッチコード化 (usercheats.xml作成) ツール Usercheats Xml Generator

他人の復号化されたセーブデータをコピーして使うためのパッチコード(usercheats.xml)作成ツールです。
It is a usercheats.xml generator for using other person's decrypted save game.

作成フォーム Generator form

for PS4PS3
1.
コピー元のセーブデータを選択する
SAVE DATA INPUT
※ 暗号化されているセーブデータだと失敗しますので、必ず復号化されたセーブデータを選択して下さい (Input decrypted save data)
▼ 
2.
セーブデータを丸ごとコピーする場合


>> 詳細設定 SETTING
セーブデータを部分的にコピーする場合

開始アドレス(ADDRESS) 終了アドレス(ADDRESS)
※ 一部コピーを選択した場合は、必ずアドレスを入力してコピーする範囲を指定して下さい

>> 詳細設定 SETTING
▼ 
3.
ゲームID (ゲームの型番 / 製品番号 / セーブデータのフォルダー名) PRODUCT ID / FOLDER NAME
※ 入力必須 (入力方法)
※ 型番の後ろに数字が付属される場合は「XXXX00000-*-*-」などの様に「*」へ変更して下さい (型番の数字は変更しないで下さい)

>> 詳細設定 SETTING
▼ 
4.
ZIP形式に圧縮して作成しますので、解凍してから使って下さい。
Aコード版と2コード版を作成しますが、通常はAコード版の方を使って下さい。
>> 16進数変換ツール / 16進数計算ツール

説明・使い方

他人のセーブデータをコピーして使う方法
(1) コピー元となる復号化されたセーブデータをダウンロードする
 >> PS4セーブデータ投稿掲示板などから入手
 (復号化されていれば友達のセーブデータや別アカウントのセーブデータも使えます)
 (PS4本体からUSBメモリーにコピーしたセーブデータは暗号化されているので復号化する必要があります)
(2) コピー元となるセーブデータを使ってパッチコード(usercheats.xml)を作成する (上の作成フォームで作成して下さい)
(3) 作成したファイルを解凍してからパッチコード(usercheats.xml)を保存先フォルダ(下記参照)に設置する
 PS4の場合C:\Users\ユーザー名\Documents\PS4Saves_Backup
 PS3の場合C:\Users\ユーザー名\Documents\PS3Saves_Backup
 3DSの場合C:\Users\ユーザー名\Documents\3DSSaves_Backup
 (usercheats.xmlが既に設置されている場合はバックアップを推奨しています)
(4) CYBERセーブエディターを起動する
(5) ゲームリストの中にあるゲーム名を右クリックしてシンプルモードを選択する
(6) 追加したパッチコードのチェックボックスにチェックを入れる
 (追加したパッチコード以外はチェックを入れないで下さい)
(7) 適用ボタンをクリックする
 (成功するとコピー先の自分のセーブデータが書き換えられています)
usercheats.xmlとは、CYBERセーブエディター用のパッチコードの追加ファイルです。 >> usercheats.xmlの仕様について
パッチコードとは、セーブデータを改造するコードです。 >> パッチコード作成ツール

補足・注意事項 Notes


CYBERセーブエディター専用のusercheats.xml作成ツールです。
コピー元となるセーブデータは復号化されている必要があります。
暗号化されたままのセーブデータをパッチコード化しても失敗します。
PS4本体からUSBメモリーにコピーしたセーブデータは暗号化されています。
暗号化されているセーブデータを復号化する方法は下記の説明を参照して下さい。
コピー元のセーブデータのファイル名は変更しないで下さい。ファイル名が異なると適用できません。
コピー元とコピー先のセーブデータのファイル容量は同じでなければエラーとなり適用できない可能性があります。
セーブデータを部分的にコピーする場合は、セーブデータのアドレスが固定されているタイプである必要があります。
ファイル容量と処理時間について

セーブデータのファイル容量が大きいとパッチコードを適用する処理時間が長くなります。
コピー元となるセーブデータのファイル容量は500KB未満を推奨しています。
PS4FF15 など 大容量のセーブデータだと対象外となります。
サーバーの混雑時は適用できない可能性がありますので深夜や早朝などの時間帯に適用して下さい。
全部コピーの適用でエラーとなる場合は一部コピーで適用するを推奨しています。
ゲームID(型番)について

CYBERセーブエディターのシンプルモードを起動しても設置したusercheats.xmlのパッチコードが表示されない場合は、ゲームID(型番)の入力に問題がある可能性があります。
ゲームID(型番)を入力する方法が分からない場合は、CYBERセーブエディターのシンプルモードから適当なパッチコードでもいいので追加して下さい。 追加するとPS4Saves_Backupフォルダー(PS4の場合)の中にあるusercheats.xmlに正しいゲームID(型番)が記録されているので、そのゲームID(型番)を参考にしてusercheats.xmlを作成し直すと問題なく認識・表示される様になります。

※ usercheats.xml(XML形式のファイル)は通常のテキストエディターでも開いて中のデータを見ることができます。
ゲームのバージョンとDLCについて

ゲームのバージョンが異なるセーブデータだと動作しない可能性があります。DLCの有無によっても動作しない可能性があります。 全てのゲーム、全てのセーブデータでコピーして正常に動作するという保証はありません。
未確認情報について

3DS用のCYBERセーブエディターでもPS3・PS4向けのパッチコード(usercheats.xml)が使えるかどうかは不明です。
Save Wizard for PS4でもCYBERセーブエディター向けのパッチコード(usercheats.xml)が使えるかどうかは不明です。
>> usercheats.xmlの仕様について

CYBERセーブエディターでセーブデータを復号化する方法 Decrypt

for PS4PS3
(1) CYBERセーブエディターを起動する
(2) 表示されるゲームリストの中にあるゲーム名を右クリックする
(3) アドバンスモードを選択すると、復号化されたバイナリデータが16進数で表示される
 ※ アドバンスモードを起動中のみ一時保管用のフォルダーが作成されます。
(4) 一時保管用のフォルダー(下記のパスを参照)を開く (中に復号化されたファイルが作成されている)
 PS4の場合C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Temp\SEPS4
 PS3の場合C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Temp\SEPS3
 ※ 一時保管用のフォルダーが見つからない場合は下記を参照して下さい。
(5) 復号化されたファイルを他のフォルダーにコピー(バックアップ)する
 ※ アドバンスモードを終了させると一時保管用のフォルダーは削除されます。
一時保管用のフォルダーが見つからない場合

アドバンスモードを起動させてから一時保管用のフォルダーを探して下さい。
隠しフォルダーとなっていて見つからない場合はPCの設定を変更して下さい。
フォルダーのツールバーにある「ツール > フォルダーオプション (O) > 表示のタブ」にある「ファイルとフォルダーの表示」の下の「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れてから「OK」をクリックして下さい。

隠しファイルを表示する - Windows ヘルプ
他ユーザーのPS3のセーブデータを使う方法 >> PS3セーブアカウントID書換システム

掲示板 BBS

for PS4PS3
不明な点や質問などがある場合は、こちらの掲示板の方へ投稿して下さい
>> セーブエディター掲示板
>> PS4パッチコード改造掲示板 >> PS4セーブデータ投稿掲示板
>> PS3パッチコード改造掲示板 >> PS3セーブデータ投稿掲示板
成功や失敗の動作報告や質問などは、こちらのスレの方へ投稿して下さい
>> セーブデータに関する質問 (PS4セーブデータ投稿掲示板)
上部に移動する
WEB SAVE EDITOR by SAVE-EDITOR.com
<< トップページ セーブエディター.com



その他 / エミュレータ情報局 / ハックロム情報局 / IPSパッチ適用システム / Flashマルチエミュレーター
WSE 2017 (C) SAVE-EDITOR.com © WebGamePlatform お知らせ / お問い合わせ (メールフォーム)